看護師が夜勤専従で働くメリットとは?

夜勤専従の特徴とは?

夜勤専従というのは、夜勤勤務だけに特化した仕事です。

夜勤専従の常勤というのも最近は増えており、ボーナスを支給される、託児所を利用できるなど、様々なメリットを受けて働いています。

夜勤専従というと、若い看護師の仕事というイメージが強いようですが、決してそうではありません。

子供との時間を日中に取れると言う理由で、小さいお子さんを抱えるお母さんもいますし、子育てが落ち着いたから、日中は家のことができるから、という理由で働くベテランの看護師もいます。

[最終更新日]  [公開日] 2019/2/10

夜勤専従の給料は高い

夜勤専従になることで、給料は日勤よりも高くなりますし、1回当たりの夜勤手当が3万円という職場もあります。

月給にすると30~50万円程度になることも多いようです。

夜勤専従は拘束時間が長い

また夜勤専従は毎日働くということはなく、1ヶ月あたりの勤務日数は1週間~12日くらいです。

勤務時間が16時間と長いためにこの勤務日数となるので、勤務日数が少ないから給料が少ないということはありません。

夜勤専従の看護師として働きたいなら、転職支援サイトを利用するといいでしょう。

転職支援サイトの中には看護師の求人に特化したサイトも多く、看護師以外にも、助産師や保健師の求人も取り扱っています。

もちろん夜勤専従の求人もありますから、希望条件として、夜勤専従や融通を利かせたいところなどを登録しておくと、希望に見合った求人を紹介してもらうことができるのです。

派遣や夜勤専従、好待遇の求人は転職エージェントもおすすめです。

「有利な転職を叶えます」看護師専門の転職支援サービス一覧