夜勤専従の看護師求人のおすすめの探し方

夜勤専従だと好条件求人が多数!・少ない勤務日数:月に1週間~12日以下。・高い給料:年収500~600万円以上。「さらに!手厚いボーナス、託児所アリ…なども」

夜勤専従看護師求人は給料の高さが目立ちますが、高収入に比例して激務であることも多い職場です。
夜勤に絞ったお仕事探しは、この給料と勤務条件のバランスが難しいところ。
ご自身が納得できる勤務内容で、なおかつより高待遇を求めるなら、登録者だけが優良求人を検索できる看護師専門の求人サイトを利用するのがおすすめです。

月給は良いけどハードすぎる、仕事内容に対して収入が伴っていない、勤務後にそんな不満を抱えないよう「好条件の案件が豊富」「職場の内部事情に詳しい」大手の転職サービスサイトご紹介します。

登録、仕事検索などのサービスに一切費用はかかりません。コンサルタントによる条件交渉代行、転職アドバイスなど、充実のサービスも無料です。

また、登録したからと言って応募しなければいけないということもありません。選択肢の幅を広げる意味でも気になった求人サイトは登録してみましょう。

[公開日]

夜勤専従のメリット

夜勤専従のメリットは大きく3つです。

最も大きなメリットは給料が高いことです。

メリット1:給料が高い

夜勤専従には常勤と非常勤がありますが、最近は常勤パートの仕事も増えており、1回当たり3万円前後の夜勤手当をもらえることも多く見られます。

夜勤専従の常勤であれば、15000円くらいですし、病院によっては夜勤手当がない場合もあります。

しかし夜勤専従の常勤は月給が30万円程度と保証されていますし、ボーナスも支給されます。

そうすると年収450万円以上という看護師もいますし、場合によっては年収が600万円以上になることもあります。

メリット2:勤務日数が少ない

夜勤専従は毎日するわけではありません。

おおよそ1ヶ月あたり1週間~12日程度となっていますので、半月も勤務がないのです。

つまり半月は休日となるわけですから、連休も取れますし、子供や家族と過ごす時間もしっかり確保できます。

独身の方や子育てが終わったという方でも、プライベートな時間が確保できますので、仕事にとらわれることもありません。

メリット3:託児所が利用できる

夜勤専従のパートでは、院内の託児所が利用できないということも多々あります。

しかし常勤であれば、勤務先に夜間の託児所がある場合、子供を預けることが可能です。

このような条件の揃った求人を探すには、看護師専門の転職支援サイトを利用してみるといいでしょう。

シングルマザーの方など、普段子どもを見てもらえる場所がないという人にも、利用者が増えています。

転職支援サービスの内容とは?

キャリアコンサルタントのサポートとは、具体的にはどんなことをしてくれるの、と思う人も多いはずです。

そこで具体的に紹介していきます。

希望条件にあう求人や非公開求人を探してくれる

先ず最も大きなものはカウンセリングをして、利用者の希望に添った求人情報を探してくれることですね。

一般的に転職支援サービスなどに登録すると、後日キャリアコンサルタントと面談をすることなります。

この時に、勤務先の条件、希望などを伝えることで利用者の希望に添った転職ができるようにキャリアコンサルタントが求人情報を探してくれるのです。

条件さえ合致すれば、一般的には公開しない好待遇の求人である非公開求人なども紹介してくれるでしょう。

職場の雰囲気が事前にわかる

また、キャリアコンサルタントを通すことで、本来なら職場に入ってからでないと解らないような情報を提供してくれるのも魅力の1つです。

職場の雰囲気や上司の人柄などのようなこともキャリアコンサルタントが調べてくれるので、幾ら求人情報の待遇が良くても雰囲気が悪いところでは働きたくないという人には嬉しいサポートだと言えるでしょう。

専門分野へのキャリアアップも相談できる

他にも近年では看護師と言っても、専門分野でのキャリアを積むことで専門看護師や認定看護師のようなキャリアアップをすることができます。

しかし、将来的にはこうなりたいというビジョンがあっても、それを実現するにはどんなキャリアを積めば良いのか解らないという人も多いです。

そうした時に、キャリアコンサルタントに相談することで、最終的なビジョンにあわせて最適なキャリアの積み方を提案してくれます。

さらには履歴書や職務経歴書の添削、面接の練習などなど幅広いサポートを受けることができるでしょう。

「有利な転職を叶えます」看護師専門の転職支援サービス一覧

看護師の夜勤・夜勤専従 - 記事一覧