看護師が小規模な個人病院や診療所(クリニック)で働くメリット・デメリットとは

小規模な病院で働くメリット・デメリット

大きな病院と同じく、個人病院でもメリットとデメリットがあるので、どこに就職先を絞れば良いか迷っている方は参考にしてみてください。

[公開日]

小さい病院で働くメリット

まず一番のメリットとして挙げられるのは、夜勤がないというところです。

小さい病院のほとんどは入院設備がありませんから、夜遅くまで残業をすることもありませんし、突然夜勤になるなんてこともありません。

また定休日も日曜日と他平日1日というところが多いので、休みもしっかり取ることができます。

基本的にはお盆や年末年始も休めるので、普通の職場と同じように休めるのも大きなメリットでしょう。

業務内容が少なくてゆとりがある

それに、仕事に関しても、大きな病院と比べると業務内容がはるかに少ないので、仕事が楽というのもメリットですね。

患者さんとゆっくり向き合いながら、丁寧に看護がしたいという方なら、自分の理想とする看護が出来るというメリットも得られます。

小さい病院で働くデメリット

ただし、これだけゆったりと仕事が出来るだけに、給与や待遇面などは大きな病院よりも劣るので、収入を基準に考える方にとってはデメリットかもしれません。

夜勤なし休日出勤なし、残業もほとんどなく、しかも特化した診療科目になるため、給与に関しては高望みは出来ません。

また、診療科目が1つか2つなのでスキルアップは望めません。

求人数が少ない

それに働きたいと思っても、ほとんどの募集は看護師の転職支援サイトの非公開求人なので、探しづらいのもデメリットと言えます。

派遣や夜勤専従、好待遇の求人は転職エージェントもおすすめです。

「有利な転職を叶えます」看護師専門の転職支援サービス一覧