看護師と准看護師の違いとは?仕事内容や待遇について

看護師と准看護師の違い

看護師というのは、看護に関しての基礎を3年から4年かけて学び、技術はもちろん看護師としての判断力や思考力などの知識を身につけた上で、看護師国家試験に合格した人がもらえる資格になります。

一方、准看護師の場合は教育課程は2年で、看護技術が勉強のメインになり、各都道府県で行われる知事試験に合格すれば資格を得ることができます。

つまり、看護師は国家資格で准看護師は公的資格という違いがあります。

[公開日]

看護師と准看護師の仕事内容に大きく違いはない

このような資格の違いはあっても、看護に関しての仕事では違いはありません。

例えば、看護師にはできるのに准看護師はしてはいけないということはないのです。

ただし准看護師は主体的に看護を行うことはできず、必ず医師か看護師の指示にもとづいて看護を行わなくてはいけないという決まりがあります。

看護師は准看護師に指示を出したり指導を行えるのですが、准看護師の方からアクションを起こすことはできないので、こういった点で考えると仕事にも違いがあると言えます。

待遇面では看護師のほうが優遇される

他には、待遇面でも違いがあり、准看護師の方が給与が低いのが一般的です。

また認定看護師や専門看護師は、看護師しか目指すことが出来ないなど、キャリアアップの面でも違いはあります。

もちろん看護師だからえらいということはありませんが、高待遇やキャリアアップを目指したい、という方は看護師の資格を取っておく方が良いと言えます。

派遣や夜勤専従、好待遇の求人は転職エージェントもおすすめです。

「有利な転職を叶えます」看護師専門の転職支援サービス一覧