准看護師から正看護師へのキャリアップの方法

准看護師のキャリアアップ

仕事内容はほぼ同じですが、正看護師と比べると准看護師は待遇面は劣ってしまいますし、キャリアアップに関しても制限されてしまいます。

仕事をする上では待遇はとても重要ですし、看護師としてもっとキャリアをアップさせたいと思った場合は、やっぱり正看護師になるのが一番です。

[公開日]

准看護師からのキャリアアップ

准看護師は、看護師2年課程を受け、その後看護師国家試験に合格すれば看護師になることができます。

ただし准看護師になった過程や実務経験年数によって、いくつかのルートがあります。

高校を卒業していない

まず高校を卒業しておらず、中学校卒業後にそのまま准看護師養成学校に通って准看護師になった場合は、3年以上の実務経験が必要となります。

雇用形態はパートやアルバイトという形でも良いのですが、医療機関で看護の経験を3年以上積んでいないと看護師を目指すことは出来ません。

高校を卒業している

高校を卒業後に准看護師となった場合は、准看護師として勤務しながら看護師を目指すことができます。

条件を満たしたら、まずは看護師2年課程を解説している、高等学校専攻科、看護短大、看護師養成所に入学して勉強します。

全日制なら2年、定時制の場合は3年が教育課程となっていて、教育課程を修了したら看護師国家試験を受けることができます。

通信制でも看護師資格は取れる

もし准看護師で通算10年(120ヶ月)以上の経験がある場合は、看護短大または看護師養成所で行っている通信で学ぶことも可能です。

通信も2年間学ぶ必要がありますが、通わなくて良いので、看護の仕事をしながらでも看護師を目指しやすいでしょう。

このように、実務経験年数や准看護師になった過程によって正看護師を目指すルートに違いがあるので、しっかりチェックしてください。

派遣や夜勤専従、好待遇の求人は転職エージェントもおすすめです。

「有利な転職を叶えます」看護師専門の転職支援サービス一覧