外科はなぜ看護師に不人気の診療科なのか?

看護師に人気のない診療科とは?

外科病棟は、内科病棟に比べて空気がピリピリしている感じがするので、内科病棟の看護師から見ると敬遠したい病棟だと思います。

[最終更新日]  [公開日] 2019/2/10

外科が看護師に不人気の理由

特に脳外科病棟は一番空気が張りつめているような雰囲気なので、移動は避けたいと思っている看護師もいると思います。外来でも同じことが言えます。

ICUや救急センターは知識も技術も多く求められるので、よほどやる気がないと配属先としては一番避けたいところです。

科に関わらず、医師に癖があるところには配属されたくないというのが本音です。

結局は慣れの問題?

でも、不思議なもので、勤務していると医師の癖が分かるようになってきて、半年もすれば医師が求めるたいていの事に対処できるようになり、理不尽に怒られなくなります。

「医師が仕事しやすいようにサポートをする」という基本的なことを考えると、トラブルなく仕事が出来るようになるのかもしれません。

どの科・病棟も慣れてしまえば問題はないはずですが、最初に勤務した科から移動するということは看護師にとって大きなストレスになります。

看護師だから、どの科でも分かるでしょ?というのは間違いで、慣れない科のことは全く分からないのです。

看護師がストレスを抱えることがないように病院側がサポートしてないと、仕事を続けていくのは難しくなってしまうのかもしれません。

派遣や夜勤専従、好待遇の求人は転職エージェントもおすすめです。

「有利な転職を叶えます」看護師専門の転職支援サービス一覧