看護師の転職のきっかけは?給料と仕事内容への不満がおおい

看護師の転職のきっかけ

自分の夢を叶えた看護師は、充実した毎日を送っていると言うイメージがありますが、辞めたいと思っている人は半数近くに及ぶと言われています。

実際、転職率はとても高く、サラリーマンと違ってひとつの職場で働き続ける人はほんの数割というのが看護師業界の実情です。

転職は2回以上という看護師もとても多いのですが、なぜこれだけ転職をしたいという方が多いのでしょうか。

[公開日]

給料や待遇への不満

そのきっかけでもっとも多いのは、意外にも給与への不満です。

休憩も満足に取れず、お盆や年末年始も関係なく、時間外労働も多く、有給も消化できない環境で働くのはとても重労働です。

しかも、仕事は患者さんの命を守るという重大な使命を背負っているので、精神的な消耗も大きいでしょう。

肉体的にも精神的にも大きな負担を抱えているのに、医師よりも格段に給与は少なく、また医療機関によっても待遇はかなりの違いがあります。

そのため、もっと労働条件が良いところ、自分を高く評価してくれるところを求めるのは当然なのかもしれません。

職場環境や仕事内容への不満

そして、次に多いのが業務内容への不満です。

看護師不足という現状の中で過酷な業務を行っていると、患者さんとのコミュニケーションを取る時間もありません。

もっと丁寧に看護をしたい、と思っても、日々の仕事に流されてそれができない状況では、なんのために看護師になったのか、と迷いが出る方も多いようです。

大きな病院になると、希望する科目を学べなかったり、配属先が自分がやりたい科目じゃなかったりということも多いようです。

総合病院は転職率が高い

特に新人看護師から人気の高い総合病院などは、かなり厳しい職場であると言っても良いでしょう。

そうした看護師が抱きがちな職場の不満を幾つか紹介すると、新人の場合はともかく業務が忙しすぎるということがあります。

勤務そのものの拘束時間が長い上に、休日には勉強会なども行われることから休みが取れずに、ともかく疲れが取れないという不満が多いですね。

特に人手不足に陥りがちな総合病院では、日勤の後に夜勤、夜勤の後に日勤のような無茶なシフトを組まれることもあるそうで、新人としては立場の弱さからそれらを乗り切らないといけません。

スキルや経験を深めることができるというメリットもある反面で、そうした業務に関するキツさが不満として上がることが多いです。

また、新人だけではなく看護師そのものの数が不足している昨今では、残業や夜勤は最早あって当たり前の状態になっている職場も少なくありません。

そうした場合、有給があっても使うことができずに不満となってしまう看護師さんも多いようですね。

疲れが取れなかったりすることで、体調不良になってしまい、医療事故を起こしてしまう、起こしそうになるという経験をした看護師も多く、勤務時間や休日の少なさに不満の声を上げる人も少なくありません。

女性が多いので人間関係が複雑

また、女性が多い職場であることから人間関係が複雑で、そうしたことに煩わしさを感じる人も沢山いるそうです。

実際に看護師の仕事を離職した人の理由でも、人間関係が上手くいかなかったという意見はとても多いものだと言って良いでしょう。

派遣や夜勤専従、好待遇の求人は転職エージェントもおすすめです。

「有利な転職を叶えます」看護師専門の転職支援サービス一覧